2007年05月12日

悪い連絡もなく

開院すぐに家族で面会に行きました。点滴をしながら寝ていて
先生の説明ではご飯を少しとお水、排泄も立ってしたそうです。
超音波の結果腫瘍の中は血液と思われるものがかなり溜まって
いるとの事。寝ている鼻先を静かになぜたら、首を上げて
しっぽを振って、三人を解ってくれました。ひとしきり確かめて
舐めて、疲れるのか又寝てしまいます。
昨日よりも体温も上がって暖かいほっぺでした。
日曜日も開いている病院なので明日はもっと良くなっている事を
信じて、置いてきました。

ニックネーム baromama at 20:53| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ!早速、遊びに来て見ましたら〜baronくん大丈夫ですか?!
本当に心配ですね。。。うちのラルフも癲癇の可能性があって、過去に貧血を何度か起こしています。
こうゆうとき私たちは何もしてあげられないのが一番辛いことですよね。
mamaさんも心配しすぎて体調を崩さないようになさってください。私もラルフの体調にかなり影響を受けるのですが、犬ってそんな気持ちが通じてしまうんですってね。
baronくん頑張れ!!!そして、早く良くなりますように☆心からお祈りしています!!
Posted by RALPH MAMA at 2007年05月12日 22:24
かわいいRALPHMAMAさんへ
有難うございます、励ましを頂いて。知らない方なのにわんの力はすごいですね。何度もお会いした事があるように錯覚してしまいます。飼っている方にしか解らない気持。本当に感謝。車で30分弱の病院へこれから行ってきます。
Posted by baromama at 2007年05月13日 09:19
はじめまして
素材のご利用ありがとうございます。
遅まきながら訪問させて頂いたら......なんとも気がかりな状態なのですね。
手元で看護出来ないというのは本当にお辛い事でしょう。
我が家の元暴れん坊長男もシニアの域に到達、日々何事もなく傍に居てくれるだけで幸せと思います。
BARONくんの回復を心からお祈りしておりますよ。
Posted by お菊巧芸 at 2007年05月13日 21:01
かわいいお菊工芸さんへ
いらっしゃいませ、せっかく来ていただいたのに、楽しいページじゃなくてごめんなさい。
Posted by baromama at 2007年05月14日 10:46